エアガン ランキング&レビュー 2014

選ばれるエアガンの特徴を、通販ランキングから比較解析してエアガン選びをサポートします。
エアガン・レビュー 東京マルイ 次世代電動ガン M4A1ソーコムカービン
JUGEMテーマ:趣味





次世代電動エアガン

可変ホップアップシステム

全長   777mm/854mm(ストック伸長時)

重量   2,970g (バッテリー含む)

装弾数  82発            

価格   52,290円(税込み)
 

 
カービンといえば、もともと前線にいる指揮官や後衛部隊用の小型支援武器でしたが
M4カービンは今や、アメリカ特殊作戦軍(U.S.SOCOM)の主要な武器となりました。
エアガンの世界でも人気は高い様で、マルイ電動ガンM4のバリエーションも増え続けてますし
他メーカーもブローバックガスガンや電動ガンを登場させています。
個人的には、ウエスタンアームズとKSCの、ブローバックガスガン「M4カービン」の撃ち心地も気になりますし
TOP製排莢式電動「M4カービン」も気になります。
が、ここはまず王道のマルイ電動ガンM4で。次世代電動ガンに進化したM4は、リアルなリコイルショックを発生させる
シュート&リコイル・エンジンと、弾を撃ち尽くすと作動を停止するリアルライブ・オートストップシステムを搭載して
より面白くなってる様です。





で、早速ご対面。と、んー思わず顔がにやけてしまいます。
プラスチックパーツが多用されている、初期のマルイ電動ガンと見比べると
アルミダイカスト製アッパー&ロアーレシーバーの、圧倒的な質感と剛性感。
これなら部屋に飾って眺めてるだけでも良いナーっと、お座敷シューターな思いも。






キャリングハンドルはプラスチック製ですが、色合い的にレシーバーとの違和感はありませんね。
このキャリングハンドルは、二つのインターフェイスノブ(大きめのネジ)を緩める事で取り外しが出来ます。





キャリングハンドルを取ると、20mm幅のマウントレイルが出てきます。
レールガイドナンバーが書かれていて、なんだか高級感が漂いますなー。



フラットで長いマウントレイルですから、大概の光学系機器は装着出来ます。
まあ一番似合うのは、写真の様なタイプのドット&スコープでしょうな。銃とのバランスも良いし。



ホロサイト型ドットサイトは外観的に、銃に対して少し大きく感じますが
実用的には、普通の円筒型ドットサイトより見やすくて、個人的には好きです。



ノーマルのリアサイトは、通常射撃用と精密射撃用を前後に倒して切り替えるビープホール式。
勿論上下左右の微調整が出来る、フルアジャスタブルタイプです。
写真は、精密射撃用になってます。まあ通常射撃用より穴が小さくなっているだけなんですが。



アウターバレル先端のフラッシュハイダーを取り外すと、14mm逆ネジに対応したフルオートトレーサーや
サイレンサーを装着出来ます。写真はマルイ製ナイツタイプ・プロサイレンサーを取り付けてみたところです。
ショートタイプのサイレンサーの方が取り回しは楽ですが、かっこ良さでいうならナイツタイプですね。




次世代電動ガン「M4カービン」の売りの一つが、最終弾発射後のボルトストップ(のギミック)。
82連マガジンと連動して、実銃同様ボルトキャッチレバーが可動し、銃の作動がストップします。
なので今までの電動ガンの様に、弾を撃ち尽くしても空撃ちし続ける事はありません。
ただし多弾マガジンは、このオートストップ機構に対応していないのは、残念。まあ構造的に無理でしょうな。

いやー遂に、と言うか・・・・やっと出ましたねー。撃ち尽くすと止まる電動ガンが!!!
お座敷シューターにとっては、この辺りのリアリティは重要です。
電動ガンだから・・・・と諦めていた部分がどんどん進化していくのは、嬉しいかぎりで
次世代と言わず、ノーマルの電動ガンにも普及していってもらいたいもんです。





チャージングハンドルを引くと、ダミーボルト(ホップダイヤルのカバーの様な物)が後退して
ホップ調整用ダイヤルが現れます。この時ポートカバーが閉じていれば、ダミーボルトの後退に
合わせて開きます。またBB弾の発射に合わせて、ダミーボルトは前後に作動するので
初弾を撃つと、ポートカバーが「パカッ!」と開きます。んーリアルで良いですねー。



リアルサイズになったハンドガードに、ニッケル水素ミニSバッテリーを収納します。
このバッテリー、小さいけど1300mAhの大容量なんです。



エンハンスドストックは、銃の全長777mmから854mmまで6段階に調節できます。
このストックのバッファーチューブ内に、リコイル発生ユニットが内蔵されています。

実射

少しズッシリとした感じの重さ。コンパクトな銃なので余計にそう感じるのかな。
構えてみると、金属パーツが多用されているだけあって凄い剛性感。
早速セミオートで撃ってみると、「バシャン!!」っと軽い振動と金属音。今までの電動ガンの様なモーター音は
完全に掻き消されて、聞こえません。
リコイルショックは、あまり期待してはいけません。まあそれでも、構えた肩に近いストック部分に
リコイル発生ユニットがあるせいか、次世代シリーズの中では一番リコイルショックを感じます。
集弾性は、マルイ製なので素晴らしく、しかも安定しています。実射性能に関しては文句なし。


フルオートで撃ってみると、一遍に「次世代M4」が気に入ってしまいました。
バシャシャシャシャっという作動音と共に、肩に伝わる振動がなんとも心地良い。
振動にめりはりがある感じかな。とにかく、思わず空撃ちして遊んでしまいたくなるほど面白い。
勿論、例えばウエスタンアームズ製ガスブローバックタイプと比べれば、リコイルショックは弱く
鋭さもないですが、その代わり安定した射撃が出来ます。
ガスガンの場合は一発撃つ度にガスタンクは冷えて、ガスの気化に影響がでます。
それを一番に感じる部分は、ブローバックのスピードや強さです。
なのでフルオートで撃つと、ガスタンクが一気に冷やされて、10発も撃たないうちにブローバックが
どんどん弱くなっていくのを、感じられます。
これは、今のところガスガン最大の弱点で、なんとか克服してほしいところであります。
それに比べて電動ガンは、バッテリーの残量があるかぎり、安定したフルオート射撃が出来ます。
これはガスガンに対して、かなりのアドバンテージだと思います。
あとは、この次世代電動ガンの様にどんどん進化していけば、今はリアリティという部分で
ガスガンに差を付けられていますが、そのうち追いつくかもしれませんねー。




12m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発
セミオート

スコープ等を装着している場合、フルオート時のリコイルショックは気になります。振動が強いと全く
見れなくなりますからねー。
この次世代M4カービンの場合、4倍スコープだとフルオート時でも
例えば、捕捉している物を見失うことは無い位の軽い揺れ程度です。

ちなみに、初速は平均 85.44m/sでした。




12m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 
フルオート


.


 
【2011.04.11 Monday 10:13】 author : airgunnet | マルイ 電動ガン | comments(0) | trackbacks(0) | -
エアガン・レビュー 東京マルイ MP5 A5 HC(ハイサイクル)
JUGEMテーマ:趣味
 



電動エアガン  (モーター=EG30000HC)

可変ホップアップシステム

全長   490mm/660mm (ストック伸長時)

重量   1,800g

装弾数  400発

価格   31,290円 (税込み)



H&KのMP5といえば、もうかなりポピュラーなSMGですね。
マルイ製電動エアガンの歴史の中でも、早い時期から
登場しているので、見慣れ過ぎちゃってる感さえ
有りますな。
コンパクトサイズのクルツから、特殊部隊仕様と言える
R.A.S.まで、バリエーションも大変豊富です。
どのタイプも扱い易い長さと重さなので、サバゲーでの
入門用やアクティブに走り回る方にぴったりな銃では?





そんなMP5ですが、なんと今回はハイサイクル化されての
登場です。
8.4Vのニッケル水素ミニバッテリーを使用して、毎秒25発
と言う発射サイクルを誇ります。
モーターは、ハンドメイドのEG30000HC。名前の通り
30000回転/分の超高速回転モーターです。
メカボックスもハイサイクル仕様で、高速化に対応し
耐久性をアップさせています。






と、今まではエアガンショップが作っていたハイサイクル
カスタムを、メーカーが作ってしまいました。
しかも通常の8.4Vバッテリーのままなのが凄い。
価格もノーマルのMP5A5HGより4000円アップと
結構リーズナブル。これ位なら試してみたくもなりますよね?

ただ、今までのMP5と比べても本体の見た目の違いは
シール1枚と言うのは、ちと寂しいですね。





その代わり、と言う訳では無いでしょうが
マガジンは、400連射のドラムマガジンが装備されて
います。
中央のレバーを回してゼンマイを巻くのは、なかなか
雰囲気があって良いのですが、
個人的にドラムマガジン=悪者のイメージが・・・・・。
おじさんの頭の中では、外国映画やドラマ等で
シカゴのギャングが、ドラムマガジンを装着したトンプソンを
乱射しまくるシーンがインプットされたままなのです。
それと、銃を構えた時に、丸いドラムが邪魔そうに
見えるのですが?





で、ちょっと普通のマガジンを装着してみました。
んー、まあ見慣れたMP5ですけど
個人的には、普通のマガジンが好きです。

保守的っていわないで・・・・・。



BB弾の投入口は、ドラム部分の上部
銃に装着すると、後部側になります。




ハンドガードを外して、ニッケル水素ミニバッテリーを
取り付けます。
今までのニッカドタイプのバッテリーも使用出来ますが
容量が少ない分、楽しめる弾数も減ります。



これは、ホップアップ調節レバーなんですが
どアップすぎましたか?
場所的には、上の写真だと右端中央。
ハンドガード左側の後部に有ります。
ハンドガードを装着すると、殆ど隠れますが
先端部分はハンドガードから飛び出ているので
ハンドガードを取り外さなくても、ホップアップの調節が
出来ます。




上から見る光景も、見慣れたMP5A5。
リアサイトは、左右調節も可能なドラム式。



フラッシュハイダー未装着なのが少し残念なマズル。
カバーを外せば、(M14逆ネジ)サイレンサー等
各種オプションが装着可能です。




 

 

【33%OFF決算セール】ハイサイクル電動ガン MP5A5 HC【東京マルイ】【電動ガン】【18才以上用】20,790円

 

32%OFF!!新品東京マルイ 電動ガン HC MP5A5【yo-koSALE】21,277円

 

【クレジットカード決済限定】東京マルイハイサイクルカスタム電動ガン MP5A5 HC【Mini-Sバッテリー・充電器別売】21,270円




.
【2010.03.06 Saturday 02:57】 author : airgunnet | マルイ 電動ガン | comments(0) | trackbacks(0) | -
エアガン・レビュー マルイ SIG552 SEALS
JUGEMテーマ:趣味






電動エアガン (モーター=EG1000)

可変ホップアップシステム

全長   720mm(ストック収納465mm)

重量   2,205g (バッテリー含)

装弾数  43発

価格   29,800円 (税別)



実銃SIG552SEALSは、SEALS(ネイヴィーシールズ=
米海軍特殊部隊)に採用されたという、スイスの
銃器メーカーSIG社のコンパクト・アサルトライフルです。
地域紛争やテロを含む都市犯罪での交戦距離の近接化
で、CRW=クロスレンジウェポン・交叉近接戦兵器の
必要性が高まり、コンパクトで破壊力があり
基本性能や拡張性が高いモデルが要望され
それを満たす物が、SIG552だったという事ですね。
ただし、お値段もそうとう高いらしい。



東京マルイのSIG552は、かなりコンパクト。
一見、立派なハンドガードのおかげで、ゴツイ銃に見え
ますがアサルトライフルとか、カービンと呼ぶには
あまりにショート。SMG(サブマシンガン)のMP5より
少し大きいぐらいでしょ。
ストックを折り畳んでも普通に撃てるので、自由度は
かなり広いですねー。
フレームは、実銃のKTL防錆処理をイメージした
ダーク・グレーで、これまた近代的CRWっぽくて良いです。
セミ・フルのセレクターは、左右どちら側からでも
操作出来るアンビタイプとなって、レバーも大きめで
使い易いですねー。

 



ハンドガードは、グローブをはめた手でも操作し易い様に
右側に倒せる様になっています。



ストックは、ストック付け根の半円状のロック解除ボタンを
押すことで、右側に折りたたむ事が出来ます。
折りたたんだストックは、銃本体にしっかり固定されるので
ばたつく事は、ありません。
ストックを折りたたむと、かなりのコンバクトサイズで
スリングを付けての携帯等かなり便利でしょう。




銃への、マガジンの装着はAK47等と同じ様に
まずマガジン前側を銃に引っ掛けてから、後ろ側を
ロックします。
M16の様な、ただマガジンを下から突っ込めばいい
やり方に慣れていると、最初はちょっと、ぎこちない感じに
なりますね。でも慣れると、こっちの方がカチッと
ロックしたという感触が直に伝わってくるので、好いかも。

マガジンは、ダミーカートリッジ入りシースルータイプで
実にリアル。



マガジンのサイドには、ジョイントが付いていて
マガジンを連結する事が出来ます。



ハンドガードには、アンダーマウントレイルと
右側サイドにマウントレイルが装備されているので
たとえばアンダーマウントにフォアグリップと
サイドにフラッシュライトとか、ミニランチャーなんか
付けてみたりと、色々と装備を変えて楽しめます。



フラッシュハイダーは、M14逆ネジ仕様なので
外せば、マルイ製サイレンサーやフルオートトレーサー
などが、直に取り付けられます。

写真は、シヨートタイプ・サイレンサーを装着したところ。
んー、コンパクトな552にピッタリ・・・と思う。



ホップアップの調節は、コッキングレバーを引いて
中にあるドラム式調節レバーを回転させて行います。



フロントサイトには、夜間用サイトを装備。
通常は倒れている大きめのサイトを起こして使います。



リアサイトは、距離に応じてクルクル回転させるドラム式。
そのリアサイト自体も上下左右に微調節が可能。
ということで、ゴッポリ大きく存在感のあるリアサイトに
なっています。



バッテリーの装着は、まずロックピンを外して
下側のハンドガードを、マガジン側にスライドさせます。
するとロックが解除されて上側のハンドガードが外れます。
バッテリーのコネクターを繋いでから、バッテリーを
はめ込み、後は逆の手順で元に戻します。



別売のローマウントベースを取り付けると
各種光学機器が装着可能になります。
ちょっとホロサイト(中身はドットサイト)を付けてみました。
SIG552は、結構細身なので、ホロサイトがやたら大きく
感じて、すこしバランスが悪いですが
私は普通のドットサイトよりは、ホロサイトタイプの方が
使い心地が良く気に入っています。



少しコンパクトな電動ガンが欲しいけど、ありふれたMP5や
M4は、ちょっとねーと言う方におすすめ。
モーターもEG1000ですし、剛性感等性能的に見劣りする
部分もなし。
比較的軽く作られているので、サバゲーにもってこいだと
思います。
拡張性が高いのも、ポイント高いですよねー、今時。


 

 


 

32%OFF!!新品東京マルイ 電動ガン SIG552 SEALS(対象年齢18才以上用)21,273円

 

電動ガン東京マルイ[MARUI] SIG552 シールズ22,216円




.
Tweet
【2010.01.07 Thursday 11:12】 author : airgunnet | マルイ 電動ガン | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (07/23)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    みずの (07/22)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (07/22)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    みずの (07/21)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (03/18)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    のっち (03/18)
  • エアガン・レビュー 東京マルイ ハイキャパ5.1 マッチカスタム
    ike (01/09)
  • エアガン・レビュー 東京マルイ ハイキャパ5.1 マッチカスタム
    龍 (01/07)
  • エアガン・レビュー マルゼン ワルサーP38 ブラックメタル
    ike (09/30)
  • エアガン・レビュー マルゼン ワルサーP38 ブラックメタル
    ど根性ガエルひろし (09/28)
airgunnet
アマゾン ランキング
楽天 ランキング
広告
ブログランキング
MOBILE
qrcode
PROFILE
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
PAGETOP