エアガン ランキング&レビュー 2014

選ばれるエアガンの特徴を、通販ランキングから比較解析してエアガン選びをサポートします。
エアガン・レビュー マルシン トーラス レイジングブルMAXI


リボルバーガスガン

可変ホップアップシステム

全長   357mm

重量   820g

装弾数  6発  (8mmBB弾)

価格   20,475円 (税込み)



リボルバータイプのエアガンを・・・・と考えたときの
選択肢は、大きく分けて2つ。
それは、あくまでリアルな物を選ぶか、それとも
多弾数な物を選ぶか、と言う事。
リアルとは、実銃の様にカートリッジをシリンダーに装てん
して、撃つと言う事。リボルバーの雰囲気を味わうなら
断然カートリッジ式です。ただし、通常カートリッジ1発に
BB弾1発なので、実戦向きでは、ありません。
(6発以内で片が付く戦いの場合は、別ですが)
それに対して多弾数タイプは、カートリッジの存在を消し去り
シリンダーを多弾数マガジン化にした物。
マルイ製コルト・パイソンなどは、24発という装弾数を
実現しています。シリンダーにカートリッジを装てんすると
いう儀式を無くした代わりに、戦えるリボルバーになった
訳です。



で、このマルシン・トーラス・レイジングブルは、タイプと
しては、リアル派のカートリッジタイプです。
銃身は、これでもかー!!という位の8.375インチ。
見た目は、完璧なフロントヘビーなんですが
シルバーモデルは、素材がABSなので意外と
銃身の重さが、気になりません。
ブラック・ヘビーウエイトモデルは、シルバーモデルより
230gも重いので、また違った印象なのかも知れません。
まあ、とにかく、ど迫力の銃身のデザインに圧倒されて
しまいます。
特にシルバーモデルは、こういったデザインを
引き立たせて、華やかな印象にしてくれます。




フロントサイトの下には、エクスパンションチャンバーと
呼ばれる穴が、両側で8個開けられています。
実銃では、射撃時にこの穴からガスが吹き出して
銃の跳ね上がりを軽減する効果があります。

そして銃身上部には、冷却効果のための
ベンチレーテッドリブが、4つ設けられています。



今回一番気になったのが、グリップです。
グリップエンドに向かって、段々と絞られていくデザインは
非常に握り難い、というか、銃を保持する意味で
安定感に欠ける印象が強いです。
まあ、あくまで手の小さい、私の印象ですので
大きめの手の人は、違った感触なのかも、知れませんが。



もう一つ、レイジングブルの特徴が、シリンダーの
ダブルロックシステム。
通常リボルバーは、シリンダーの後部だけで
ロックされていますが、レイジングブルは、
クレーン(シリンダーを保持しているレバーの部分)にも
ロックを設けています。
これで、シリンダーの前後で、ガッシリと固定されます。
これは、実銃よりも、むしろ強度や精度的に劣る
エアガンの方が、恩恵にあずかっていると言えますね。
ただ、実際使っていると、やっぱり少し面倒ですが・・・。



ホップアップ調節は、銃身の付け根部分の
スライドで、簡単に調整できます。
レンチ等の工具が必要ないので、何処でも簡単に
調節が出来るので便利です。



カートリッジは、少し変わった形をしています。
内側と外側の二重構造の様になっていて
シリンダーに装てんすると、内側と外側との間の隙間に
シリンダー内部の円筒形になっている部分が入り込んで
シリンダーとカートリッジが、ガッチリと一体化します。
その反面、カートリッジがスムーズに入らない時も
あるので、善し悪しがあります。




BB弾の装てんは、カートリッジの先端からBB弾を
入れた後、ローダーを使って確実に押し込みます。



マニュアルセイフティは、サムピースを後方にスライド
させて行います。
ハンマーが倒れた状態でセイフティにすると
ハンマーとトリガーは、ロックされて完全に動かなく
なります。
注意が必要なのは、ハンマーが起きた状態だと
セイフティにしても、トリガーは引けてしまうという点です。



安全装置としてもう一つ、専用のキーを使って
銃の操作をロックする事ができます。
これで、第三者によるいたずらや不正利用を
防止できます。



リアサイトは、上下左右ともに調節が可能な
フルアジャスタブルタイプです。
調整用のネジも、どちらに回せば良いか
分かり易い表示でいいですね。



フレームのパーティングライン(貼り合わせ痕)は
綺麗に処理されています。
が、トリガーガードの内側は、未処理でした。



このレイジングブルには、マウントレイルが付属して
います。
銃身のベンチレーテッドリブを利用して、がっちり固定
出来るのですが、マウントレイルは金属製なので
キズが付かないか心配で、装着するのも
躊躇してしまいます。
マウントレイル自体は、かなりのロングタイプなので
大型のスコープでも取付けられる勢いですが
実際そんなに遠射が出来るわけでもないので
雰囲気物と言う事で・・・・。
まあ、小型のドットサイトぐらいでどうでしょう?

実射

太いグリップのお陰で、私の様な指の短い人だと
ダブルアクションは、トリガーが引き難いかもしれません。
まあ、シングルアクションを含めて、動き自体は
スムーズなので、ダブルアクシヨンでも
勢いよくトリガーを引けば、問題無いかな。

8mmBB弾なので、集弾性的には、寛大な見方に
なってしまいますが、銃身が長いだけに
もう少し頑張って欲しい気もします。
が、それよりも純粋に、大型リボルバーに8mmBB弾という
迫力を楽しんだ方が良いのかな?
的紙にボコボコ大きな穴が開いていくのは、確かに
迫力があります。


7m 半径2cm刻みの円 シングルアクション
0.34g 8mmBB弾6発


【2009.06.09 Tuesday 08:06】 author : airgunnet | マルシン2 | comments(0) | trackbacks(0) | -
エアガン・レビュー マルシン デリンジャー 8mmBB弾仕様


ガスガン

固定ホップアップシステム

全長   125mm

重量   210g

装弾数  2発 (8mmBB弾)

価格   8,190円 (税込み)



デリンジャーとは、手のひらサイズの隠し持てる銃を
指す言葉なんですが、私などは、デリンジャーといえば
この銃しか、頭に浮かびません。
このダブルデリンジャーが生まれたのが
1866年頃ですので、かなり歴史のある銃なんですねー。



マルシンのデリンジャーには、6mmBB弾仕様と
8mmBB弾仕様があり、色も通常のブラックに加え
シルバーとゴールドが有ります。
マルシンのホームページのカタログを改めて見ると
ゴールド色が見あたらないので、もしかしたら
廃盤になったのかも・・・・。
でも、普通じゃあ許せないゴールド色も、デリンジャー
なら許せてしまうのは、なぜなんでしょう?
んー、2つの銃口から覗くライフリングが
なんとも良いですねー。




弾を込めるには、銃身を跳ね上げなければいけません。
トリガーの横にあるレバーを180度回せば
バレルロックが解除されます。
このレバーは、セイフティも兼ねていて、写真の位置が
セイフティ。
撃つためには、もう一段時計回りに、スライドさせる
必要があります。



銃身を跳ね上げて、BB弾を上下に1発づつ込めます。
カート式ではありませんが、大きな8mmBB弾を
込めていると、妙にリアリティを感じてしまいます。



ガスは、グリップ底部から注入します。




グリップは、厚みがあって想像していたよりは、
持ちやすい印象。
まあ小指は完全に遊んでますし、私の場合でいえば
薬指も半分掛かっている程度なので、それなり。



バレルを覗くと、当たり前ですが、ただの筒。
でもこれって、なんだかリアルですよねー。
ここに弾を一発づつ込めて、チマチマ撃つ。
二発撃ったら、また銃身を跳ね上げて
弾を込めて撃つ。チマチマと・・・。
何でもない事だけど、なんだか楽しい・・・このチマチマ感。



バレル上部には、マルシンの刻印が。
リアルでは無いですが、結構良いアクセントに
なっていると思います。

実射

銃を持った手で、ハンマーのコッキングはやり易く
トリガーも丁度よいテンションで、好感が持てます。
トリガーガードが無く、必然的にストロークも短い
トリガープルが、軽すぎると危ないですし
重すぎると、幻滅してしまいますからね。

7mでの的撃ちは、多少の狙点の修正が必要でしたが
集弾性は、想像以上でした。
まあ、至近距離での護身用というデリンジャーには
無意味だったかな。
小さいけど、以外なほどのポテンシャルを持った
デリンジャーでした。



7m  半径2cm刻みの円 0.35g-8mmBB弾10発



 


マルシン デリンジャー ブラックヘビーウエイト6,500円

 


マルシン デリンジャー8mmシルバー6,728円



【2009.03.23 Monday 12:06】 author : airgunnet | マルシン2 | comments(0) | trackbacks(0) | -
エアガン・レビュー マルシン グロック21 DUAL MAXI


カートリッジ使用排莢式ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   205mm

重量   756g

装弾数  6発 (8mmBB弾)

価格   20,790円 (税込み)



オーストリア製、ポリマーフレームの代名詞 "グロック"は
銃の大きさや、使用する銃弾の種類によって
数多くのバリエーションがあります。
スタンダードな物は、9mmパラベラムを使用する
グロック17とか、19,26になりますか。
しかし、今回のグロック21は、45ACPを使う大口径の
ハンドガンです。
弾が大きくなるので、当然銃自体も大きくなります。
そのあたりが、気になる所でしょうか?




なぜマルシンは、グロック21をモデルアップしたのでしょう?
他のメーカーが作っていないから?
それとも大きい方が、特殊なメカを内蔵し易いからか
大きな45ACPの薬莢が宙を舞う方が、迫力があって良い
からでしょうか?
まあ、カートリッジが入る部分と、ガス室を両立しないと
いけないので、マガジンは大きい方が良いとは
察しが、つきますが。



マルシン"グロック21"のスライドの仕上げは
マルイ製グロックほど、ツルツルではなく
かといってKSC製ほど、ザラザラでもなく、真ん中あたり
の感じ。ちょっと中途半端かな。
フレームは、KSCのヘビーウエイトタイプと同じ様な
色合い。つや消しの落ち着いたイメージで感じも良い。
ただ、スライドとフレームの境目の隙間が大きいので
少し一体感が無い様に見えます。




カートリッジは、真鍮では無くアルミ製。
黄金色ではなく、シルバーなので少し残念ですが
軽いほうが、銃の軽快な作動には、有利でしょうし
カートリッジが飛んでいった所の、ダメージも少ない
でしょうから、仕方ないですかねー。
カートリッジには、改造防止?の穴が開けられています。



マガジンの装弾数は6発。
実銃の半分にも、満たない(実銃は13発)ですが
ガス室と同居している事を考えれば
妥当なところでしようか。
上から見ると、ダブルカラムになっているのが分かります。
カートリッジの装てんは、バネが結構固めになっています。




標準的な大きさの、グロック18と比べてみました。
全体的に、一回り大きいのですが
一番は、グリップでしょう。
特に縦方向がやたら、長くなっています。
握ってみると、やはり持ち難さを感じます。
ただ、横方向には、そんなに太くないので
指の短い私でも、そこそこグリップできます。




写真上が、グロック21、下がグロック18です。
比べてみれば、スライドの幅も広いなーと感じますが
単独だと、そんなに感じませんね。



通常分解は、KSC等と同じ様に、一度コッキングしてから
トリガー上部のテイクダウンレバーを下げれば
スルスルと、スライドが前方に抜けます。



これは、チャンバー部分にカートリッジを差し込んで
みたところ。
実銃のように、スッポリとカートリッジが収まりません。



これは、カートリッジがチャンバー部分に送り込まれて
発射準備完了になったところを、下から見たところ。
(左が、銃口側)
チャンバーは、カートリッジの三分の一程を
覆っているだけ。
この、殆どチャンバー無し構造は、リアリティに欠けますが
作動不良の無い軽快なブローバックに、一役かっています。
実際、今回の実射テスト中に、排出、給弾不良が起きた
のは、途中でガスが無くなった時のみで、ガス圧さえ
正常なら、快調に動いてくれました。


実射

初弾装てん時のスライド操作音は、プラスチッキーな音。
シャキッとした操作感でも、ありませんねー。
射撃時のリコイルショックは、今時のハードキック志向な
新製品に比べたら、やはり弱めですか。
まあ、ガスタンクの容量が小さいので仕方ないですかねー。
ただ、ブローバックのスピードは、そこそこ早いので
排出されるカートリッジは、元気よく、斜め後方に
飛んでいきます。
集弾性に関しては、8mmBB弾のカートリッジ仕様なので
そんなに期待していなかったのですが
私の予想を完全に上回る、高集弾性でした。


7m 半径2cm刻みの円 8mmBB弾 6発

高性能な8mmBB弾仕様のガスブローバック。
しかも、カートリッジを排出するリアリティ。
これを、外部ソースに頼らずに、マガジン内のガスのみで
作動可能にしたところが、素晴らしい。
その第1弾としては、作動性に関しては完成度は高いです。
第2、3弾が非常に楽しみなシリーズになりました。
唯一の問題は、マガジンですかねー。
多弾数化とガス容量の確保の兼ね合いが難しいでしょう。
まあ、ロングマガジンが一番簡単な解決策でしょうか?
「さらなる、元気なブローバックと多弾数を望む人は
別売のロングマガジンを買ってねー。」 こんな感じで。




 


 


送料無料+即日・翌営業日出荷◆マルシン グロック21(G21) デュアルマキシ 8mmブローバックガスガン・排莢式ガスガン16,532円

 


【送料無料】グロック21 8mmBBブローバックDUALMAXI(デュアルマキシ)ガスガン ※18歳以上用 【マルシン】16,632円

 


送料無料(^^♪マルシン工業 グロック21 8mmBB ブローバック Dual maxi ガスガン19,800円







【2009.01.28 Wednesday 16:44】 author : airgunnet | マルシン2 | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (07/23)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    みずの (07/22)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (07/22)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    みずの (07/21)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (03/18)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    のっち (03/18)
  • エアガン・レビュー 東京マルイ ハイキャパ5.1 マッチカスタム
    ike (01/09)
  • エアガン・レビュー 東京マルイ ハイキャパ5.1 マッチカスタム
    龍 (01/07)
  • エアガン・レビュー マルゼン ワルサーP38 ブラックメタル
    ike (09/30)
  • エアガン・レビュー マルゼン ワルサーP38 ブラックメタル
    ど根性ガエルひろし (09/28)
airgunnet
アマゾン ランキング
楽天 ランキング
広告
ブログランキング
MOBILE
qrcode
PROFILE
SEARCH
PAGETOP