エアガン ランキング&レビュー 2014

選ばれるエアガンの特徴を、通販ランキングから比較解析してエアガン選びをサポートします。
エアガン・レビュー Eotech-XPS3ホロサイトタイプ レプリカ ドットサイト
JUGEMテーマ:趣味
 





ホロサイトタイプ型 ドットサイト
電源  CR123Aリチウム1本

価格  ヤフーオークションで
     送料込み5,000円程度
     で落札


ホロサイト(ホログラフィックサイト)はホログラフィーを用いたレンズにレーザーで像を投影して照準する。
まあ、見た目はドットサイトみたいな物ですが、戦闘機の照準器もホロサイトらしい。
んー、私には原理がよく分かりません。
ドットサイトの様なハーフミラーを使わないので、レンズが割れたり泥等が付着した時でも
レンズに覗ける部分があれば、そこから照準出来る優れものらしい。
ただ実物は数万円もする高価な物。当然お座敷シューターが雰囲気を楽しむだけに購入するのは無理な話。
で、海外製レプリカを・・・・・という事になるのですが、レプリカにもランクがあって
作りが良い物は、〜製レプリカ、と言う具合にブランドになっています。当然値段も高め。
一応使えそうな物で最も安いのは、ノーブランドのレプリカ。
しかし安い物ほど、たいした補償もしてもらえない事も頭に入れとかなくてはいけません。
しかも、経験上使い始めてすぐに不都合箇所が出てくる確率も高い。
まあ、ほとんどが電気系統ですが。
海外製ノーブランドなんて、殆ど一か八かの世界ですよ。
でも安さに負けて買っちゃうんですよね〜。

レプリカの構造は、当然高価なホログラフィを用いた物では無く、中身はドットサイトです。

外装のカバーとバッテリーケースのフタは、少し艶あり塗装の金属製。
内側はプラ製ですがつや消し仕上げで質感は良いです。

実物の写真と見比べると微妙にデザインとか違いますが、ほんとに微妙。
実物にはバッテリーのフタに、脱落防止対策がされています。

私が選んだ物は、マウントレイル装着時に、レバーだけで固定出来るタイプの物。
工具が不要でとっても便利です。





ラバーのボタンは、押しごこちもソフトで好いです。
右のボタンを押すとスイッチONで、赤色のレティクルが浮かび上がります。
左右のボタンで輝度の調整をします。20段階位あって細かく調整出来ます。
真ん中の「NVボタン」は、実物ではナイトビジョンモードで暗視スコープ使用時に使うモードですが
勿論レプリカには、そんな機能は無く、レティクル色の切り替えボタンになっていて
押すと緑色に変わります。
なっなんかこの個体の場合、緑色に比べて赤色の輝が悪い様な感じですが
まっまあ、気にしない事にしますか、緑色の方がすきだし〜・・・・・・・・・。

左右のボタンを一緒に押すとスイッチOFFです。



うー、スコープやドットサイトのレティクルを撮影するのって本当むずかしー。
しかも実際よりオレンジっぽく写ってます。ほんとはもっと赤いです。
どなたか簡単綺麗な撮影術をご存知の方は、教えて頂きたい。と、とりあえず愚痴というか言い訳。

スコープと違い等倍なので、サイトの接眼部から目を近ずけても、遠ざけても関係なくサイティング出来ます。
ただ、目を近ずけるとレティクルは小さく見え、逆に遠ざけると大きく見えます。
写真はちょっとオレンジ色に映りすぎで、実際はもうちょっと赤味があります。




写真ではぼやけてますが、本当はクッキリ綺麗に映ってるんですよ。
ほんと難しい。
レティクルの形状は実物と、ほぼ同じ。実物は円に切れ目がありません。それくらい。
それと、実物はレティクルの形状別に3タイプがリリースされています。、XPS3-0は円の中にドットが1つ。
XPS3-1は円が無くドット1つのみ。XPS3-2は円の中にドットが2つ。
なぜ2つかと言うと、1つは中心で、その下のドットは500ヤード用の照準らしいです。
で、このレプリカは・・・・なぜかドットが3つ・・・・。オリジナルとは違いますよと言うアピールか?
それとも、数が多いほうが良いと言う事なのか?
まあ装着するエアガンの飛距離を把握しとけば、射撃距離による着弾修正をドットで出来ます。
でもドットが3つもあると、なんかうっとおしくもある。




本体にめを向けると右側側面にレティクルの狙点修正用のネジが2つ。
マウントレイルに固定する時のロック付き締め付けレバー、バッテリー収納部のフタも
こちら側にあります。


電池は実物と同じCR123Aを1個使用します。フラッシュライトとかにも使われてる電池ですね。
容量が大きく、その分値段もちと高い。
フラッシュライトだと2本使用する物もあるので、この際だー!!と数本買う事にしました。
ネットでとにかく安い物を探して、結局楽天市場で4本セット送料込み798円の物にしました。

















この電池・・・海外製でメーカーもよく分からないんですが・・普通に使えます。
でもやはり心配な方は、国内ブランド物を使用された方がいいかも。



裏側は、こんな感じ。矢印はマウントレイル固定レバーのロックレバー。
レイルの固定を解除する時に、ここを押してロックを解除しないと、レバーが動きません。
何かがレバーに引っ掛かったり、誤操作で不意にサイトが外れてしまうのを防ぎます。
安いレプリカだけど、これは拍手。
また、固定レバーの締め付け量も付属の六角レンチで調節出来ます。



なので、私の所有するM4系はしっかり固定する事ができました。

使い心地は、まあまあ。やっぱり三つもあるドットが少しうっとおしい。
あと、しょうがない事だけどM4の場合フロントサイトが邪魔かなー。
フロントサイトが低いか、折り畳める(又は取り外せる)タイプの方がスッキリと見えて好いかも。
ただスコープと違って見え方が長方形なのは、感覚的に見易いですね。
テレビ画面とかパソコンのモニターとか、普段見慣れた形なのでスコープの様な狭苦しさがあまり無い。

安物は狙点修正出来る範囲が狭いと聞きますが、大丈夫でした。
的から2〜3メートルだと近すぎて、上下の修正範囲外でしたが、そんな至近距離で使う事も無いでしょうから。

やはり今時はホロサイト(レプリカだけど)ですかねー。
ただしクオリティ重視の方は少しでも良い物を購入された方が良いかも。
この個体も、ドットの輝度にムラがありましたし。
ドットを最高に明るくした時に、赤と緑とで、輝き方がはっきりと分かる程違いがありました。
安い物を買う時はクオリティの低さも理解した上で、購入しないといけません。
特に○○国製は・・・・・・。


>


【2012.12.07 Friday 14:38】 author : airgunnet | 中国製 | comments(0) | trackbacks(0) | -
エアガン・レビュー WELL D-95 (h&K MP5)電動ガン
JUGEMテーマ:趣味

 


電動ガン (セミ/フル)

ホップアップ無し

全長   約435mm (ストック伸長時約555mm)(実測)

重量   約743g (実測)

装弾数  20数発 +リザーブタンク内120発程度

価格   ネットオークションにて新品
      送料込み3,300円にて落札






中国製エアガンっと言っても高級な物からチープな物まで色々ありますが
やはり手を出し易いチープ系は、ついつい買ってしまうんですよねー。
チープ系コッキングより遥かに「残念なエアガン」に当たるリスクが高いチープ系電動ガン(経験から)ですが
ほとんど自虐的に求めている自分が怖い。
んーまあ、ポジティブに考えれば10歳以上用レベルの電動ガンで、充電式バッテリーを使う物は
現在のところ国産では無いので・・・・しかも最初からバッテリーも付属してるし。
ただ付属バッテリーの寿命が来たらどうするかという疑問も残るが
私の場合で言えば、その問題に直面するまで撃ち続けたチープ電動ガンは無いのですな、これが。
べつに壊れた訳では無く、せっせとプレゼントしているのでした。
人はこれを「処分」と言う。
都会では、この手のバッテリーも売られているのですかねー?
-
で私的には、これぞチープ系電動ガンの代名詞といえるWELLの"D"シリーズ。そのMP5タイプを購入。
単純に見れば、本体にバッテリー・充電器・スリングまで付いた豪華使用。当然格安。
都会では、この手の物がどの位の相場で売られているか分からないのですが、田舎に住んでいると
手に入れる事自体が困難なので、ネットオークションでの相場と思われる位で落札。





この「D-95」はマルイ製電動ガンBOYsシリーズの様に、実銃より一回りコンパクトなサイズ。
プラスチック感丸出しの本体ですが、ツルツルテカテカでは無く艶が消されているのが救い。
マガジンはテカテカですな。
全体的には、色付けされた部分は無く地味な印象。
この手の銃ではお約束の様に、銃の片面は「モナカ構造」を主張するかの如くネジだらけ。





そうそう、私が購入した物にはオマケで、マルイのプロターゲットそっくりな的と0.12gBB弾2000発BBボトルが
付属していました(販売店のおまけ)。的は・・・まあ使えるとして・・・・、このBB弾は凄い。
改めて"MADE IN CHINA"の偉大さを垣間見ました。
BB弾はビーズではないのですよ。
まあ、この銃のクオリティに相応した物という事なんでしょうかねー?

私は・・・・・・使いません。マルイの0.12gは豊富にあるので。



銃本体に話を戻して・・・・コッキング・レバーは一応動きます。スプリングも入っているので
ガチャガチャ動かして遊べますね。



リトラクダブルストックは2段階スライド式。
スライドする部分は金属製なので、取り敢えずは強度的には安心。



セレクターは左右どちらからでも操作出来るアンビタイプ。
操作した時の節度感の無さは、チープガンを感じさせるところ。
なぜかセレクターだけは、使い込まれた風合いのビンテージフィニッシュ!!



ドラムタイプリアサイトは、ビープホールとスリットが混在しています。
ちゃんとクルクル回転出来ます。



ハンドガード内にバッテリーが収納されています。
4.8Vと表示されていたので、まあ単三ニッカド電池を4本くっつけてある感じですか。
因みにコネクターは、マルイのラージバッテリー系と同じ様なので
いま、試しにマルイのバッテリー付けて撃ちたい衝動に駆られてます。
でも・・・・・・絶対壊れそう・・・・・・・どうしよう。



マガジンの構造は、マルイのBOYs・MP5と同じ。要するにパチ物(あーあ、とうとう言っちゃった)。
フタを開けBB弾をリザーブタンクに流し込み・・・・・・・




マガジンフォロアーを一番下まで下げるとロックされます。次にマガジンフォロアーがある面を下にして
マガジンをガチャガチャ振ると、リザーブタンクからBB弾がポロポロとレール部分に出てきます。
最後に写真で示してるリリースボタンを押すと、マガジンフォロアーのロックが解除されて
マガジンフォロアーがBB弾を押し上げます。これで準備完了。

リザーブタンクからレールへのBB弾の補充は、マガジンを抜かなくても操作出来るので
スムーズに遊べて便利。



付属のスリングを付けてみました。なかなか渋く決まってますな。

実射

全体的に剛性感が無いのは、しょうがないですかね。これがチープガンなんですから。
ただ、とんでもなく安っぽくは見えないのが救い。
バッテリーをセットしてセレクターを"セミ"付近に回す。クリック感がまるで無いので、位置が分からない。
グリップセイフティのボタンを押さえ込みながらトリガーを引くと、キュパッという音とともに
BB弾が飛んでいく。あー、弾がちゃんと飛んだ・・・・なぜかこれだけで嬉しい。
ただホップアップを搭載していないので、最初から放物線を描いて飛びます。
飛距離もなんだか短い。元箱には、"RANGE 25m"と書かれていますが、とんでもない。
まあ、銃を45度上に向けて撃てば20m弱は飛んでるのかな?
距離7mの的当てだと、的の中心より20cm位上を狙って撃ってちょうど良いくらい。
的のコピー用紙は、やっと貫通してる感じです。

フルオートは、キュパッ・キュパッっとマルイBOYsよりかなり遅い感じ。
色々気になるので、計測してみると
初速は45.9〜52.1m/s。ジュールで言えば0.12J〜0.15Jと、パワー的にはマルイBOYsと同等か少し上。
発射サイクルは、毎秒8〜9発とマルイBOYsの約半分くらい。
まあBOYsが単三アルカリ電池6本使用するのに対し、このD95は充電池4本。
単純に電圧の差が発射サイクルに出ている感じですね。
ホップアップを搭載していれば結構使えそうなスペックなんですが、残念。
マルイのミニ電動ガン相手の近接戦闘なら戦えるかも。
集弾性に関しては、価格から言えばこれ位でしょう。

中国製エアガンは、国産に比べて性能の個体差が激しいと思われますので
その辺りは承知頂いて、参考にして下さい。



7m 半径2cm刻みの円 
セミオート  0.12gBB弾 10発




7m 半径2cm刻みの円 
フルオート  0.12gBB弾 20数発


.
【2012.06.09 Saturday 14:38】 author : airgunnet | 中国製 | comments(0) | trackbacks(0) | -
エアガン・レビュー YIKA G36


中国製コッキングエアガン

固定ホップアップシステム

全長   312mm (実測)

重量   178g (実測)

装弾数  約45発

価格   駄菓子屋的価格



低価格・中国製コッキングエアガンも、今では巷に
溢れかえり、私も少し食傷ぎみ。
ちょっと疎遠になってましたが、そんなエアガンを
専門に扱ってるブロクなどを、見てると
「やっぱ、ネタ的に・・・・おいしそう」なんて錯覚に近い
思い込みが、私の頭を過ぎっていくー。

まあ、低価格電動ガンと違って、コッキングエアガンは
完全な失敗、というかお小遣いの無駄遣いには
ならないケースも多い。(価格に対しての話)



数ある中国製エアガンに漏れず、このG36の注意書きにも
18才以上用の文字が。
また、25〜40m飛ぶ様な事も書いてあるのですが
その上に、対象年齢6才以上との、日本語のシールが
貼られています。なんか、一抹の不安が・・・・・。

しかし、何故名前がG36なんでしょうか?
単なる製造番号なのか? 適当に銃の名前を
くっ付けたのか?
どう見ても、MP7なんだから、多少近い名前を付けて
欲しいもんです。M7P1Aとか・・・・。
ただ、このG36、かなり小振りです。マルイのMP7と比べて
みると、ふた回りは小さい。
イングラムM11ぐらいの大きさですね。



まあ、質感的には、プラスチックそのままの、中国製
エアガン。そのままです。
しかし、マウントレイルには、ちゃんとドットサイト等
装着出来ますし、両サイドにも、マウントレイルを装備。



フォアグリップも可動します。(ロック機能は無し)



リアサイトは、近距離用と遠距離用の切り替えが
出来ます。
遠距離用は、ビープホールタイプになっています。



BB弾の装てんは、フロントサイトを前方にスライドさせて
穴にジャラジャラ投入します。
まるで、昔の銀玉鉄砲みたいです。



コッキングは、実銃同様にチャージングハンドルを
引いて行います。
形状も良く、引き易いのですが
そこそこ重いですねー。



分解してみると、BB弾の自然落下給弾方式の構造が
良くわかります。
BB弾を溜めて置くスペースが小さいのが、残念です。
まあ、45発撃てますから、まあまあでしょうか?



内部構造は、素晴らしくシンプル。
どうやって、圧縮空気を作るか、BB弾をチャンバーに
送り込むのか、全体が良く分かります。


実射

意外と癖の無いトリガーフィーリングで、これまた意外に
勢い良く弾が飛んでいきます。
まあ、集弾性は、5mでもA4の紙から、たまに外れる
くらいの性能です。
前かがみにならない様に気を付ければ、給弾不良も
ありません。
6才以上用にしては、良く飛ぶので、弾速を測ってみると
0.12gBB弾で、49.2m/sの0.14ジュールでした。
誤差を考慮すれば、マルイ電動ガンBOYsシリーズと
同程度のハイパワーです。
これで、もうちょっと集弾性があればなあー・・・・。
って、低価格エアガンなので文句も言えません。


5m  半径2cm刻みの円 0.12gBB弾 10発)



.
【2009.08.21 Friday 09:24】 author : airgunnet | 中国製 | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (07/23)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    みずの (07/22)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (07/22)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    みずの (07/21)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    ike (03/18)
  • エアガン・レビュー マルシン CDX302ピストル
    のっち (03/18)
  • エアガン・レビュー 東京マルイ ハイキャパ5.1 マッチカスタム
    ike (01/09)
  • エアガン・レビュー 東京マルイ ハイキャパ5.1 マッチカスタム
    龍 (01/07)
  • エアガン・レビュー マルゼン ワルサーP38 ブラックメタル
    ike (09/30)
  • エアガン・レビュー マルゼン ワルサーP38 ブラックメタル
    ど根性ガエルひろし (09/28)
airgunnet
アマゾン ランキング
楽天 ランキング
広告
ブログランキング
MOBILE
qrcode
PROFILE
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
PAGETOP